検知(読み)ケンチ

デジタル大辞泉「検知」の解説

けん‐ち【検知/見知】

[名](スル)
機器などを使って検査し、故障などを知ること。「ガス漏れを―する」「―器」
(見知)実際に目で見て知ること。目で見て心に悟ること。
「端よりに至るまで備さに之を―するを得るも」〈フェノロサ・美術真説〉
実地に調べること。
洞院御所にたてられたる文庫共を、出納知兼をもって―せらる」〈保元・下〉
敵の下級武士の首を検査すること。首実検
「首七十三取ってきっさきに貫いて…六波羅へ馳せ参る。…両六波羅敷皮に坐して、を―す」〈太平記・八〉
検尺けんじゃく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android