コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマート農業 すまーとのうぎょう

知恵蔵の解説

スマート農業

ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して、省力化や精密化などを進めた次世代農業を指す。農林水産省は2013年11月、農機メーカーやIT企業などで構成する研究会を設置し、スマート農業の実現に向けた検討を進めている。
スマート(smart)は「賢い」という意味。スマート農業の明確な定義はないが、栽培環境の自動制御や自律的な環境対応などの先進技術により従来型の農業の限界を超えた新しい農業が想定されている。農水省の研究会では、農業機械の自動走行による超省力・大規模生産、様々な生育データなどの計測・分析に基づく精密な管理による多収化や品質向上、アシストスーツの利用による重労働や危険な作業からの解放などを、スマート農業の将来像として挙げている。また、プロ農家の技をデータ化して新規参入者などが高度な技術を利用できるようにすることや、クラウドを利用した情報活用により生産者と実需者・消費者との安心・信頼の構築を図ることなども検討されている。とりわけ、オランダに見られるような環境制御などのICTを活用したハウス型栽培農業システムは、「スマートアグリシステム」と呼ばれている。
スマート農業が必要とされる背景には、日本の農業の高齢化や新規就農者の不足などがある。日本の技術を農業分野に活用して競争力を強化し、農業を魅力ある産業とすることで意欲的な若者や女性を呼び込み、その能力を発揮できる環境を創出する狙いがある。また、農産物の生産を「スマート」にするだけでなく、日本の技術やノウハウをデータ化・システム化するなどして新たなビジネスにしていくことも期待されている。

(原田英美  ライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スマート農業

先端技術を活用し、省力化や大規模生産、品質の向上などを目指す新たな農業。ロボットやAI、装置をインターネットで結ぶIoTなどの技術を、農作業や出荷の管理などに活用する。草刈りを自動でするロボットや、積み込み作業を補助するアシストスーツなどで、農水省は新規就農者の確保につなげたい考えだ。 <グローバルGAP> 農産物が安全であることを示す国際認証規格。ドイツの民間団体がとりまとめたもので、生産工程で農薬が適正に使われているか、異物の混入防止策が取られているかや、労働者の待遇など200項目以上をチェックする。現在約120カ国・地域で約16万件が認証されている。

(2017-03-29 朝日新聞 朝刊 東特集S)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

スマート農業の関連キーワードグローバルGAP先端技術IoT

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スマート農業の関連情報