コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマート農業 すまーとのうぎょう

1件 の用語解説(スマート農業の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

スマート農業

ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して、省力化や精密化などを進めた次世代農業を指す。農林水産省は2013年11月、農機メーカーやIT企業などで構成する研究会を設置し、スマート農業の実現に向けた検討を進めている。
スマート(smart)は「賢い」という意味。スマート農業の明確な定義はないが、栽培環境の自動制御や自律的な環境対応などの先進技術により従来型の農業の限界を超えた新しい農業が想定されている。農水省の研究会では、農業機械の自動走行による超省力・大規模生産、様々な生育データなどの計測・分析に基づく精密な管理による多収化や品質向上、アシストスーツの利用による重労働や危険な作業からの解放などを、スマート農業の将来像として挙げている。また、プロ農家の技をデータ化して新規参入者などが高度な技術を利用できるようにすることや、クラウドを利用した情報活用により生産者と実需者・消費者との安心・信頼の構築を図ることなども検討されている。とりわけ、オランダ見られるような環境制御などのICTを活用したハウス型栽培農業システムは、「スマートアグリシステム」と呼ばれている。
スマート農業が必要とされる背景には、日本の農業の高齢化や新規就農者の不足などがある。日本の技術を農業分野に活用して競争力を強化し、農業を魅力ある産業とすることで意欲的な若者や女性を呼び込み、その能力を発揮できる環境を創出する狙いがある。また、農産物の生産を「スマート」にするだけでなく、日本の技術やノウハウをデータ化・システム化するなどして新たなビジネスにしていくことも期待されている。

(原田英美  ライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スマート農業の関連キーワードITTTC情報通信研究機構ロボット・テクノロジー情報通信技術総合戦略室JADCA情報通信技術委員会情報通信技術学校でのICT活用ICT(Information and Communication Technology)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スマート農業の関連情報