スマールタ派(読み)スマールタは(英語表記)Smārta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スマールタ派
スマールタは
Smārta

ヒンドゥー教の一派。スマールタスムリティ (聖伝書) に基づくという意味で,特に『グリヒヤ・スートラ』に規定された簡単な祭式を行う者をさす。したがって,ヒンドゥー教の正統な哲学諸派はすべてこのうちに含まれる。複雑な祭式が次第にすたれ,これに対して土俗的な神々が信仰の対象となり,これが『グリヒヤ・スートラ』に規定された簡単な祭式によって尊崇されるようになり,これがスマールタ派の起源とみられる。おそらく7世紀の初め頃,ビシュヌ,シバ,ドゥルガー,スーリヤ,ガネーシャの5神を礼拝する宗教儀式の実修がすすめられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スマールタ派
すまーるたは
Smrta

ヒンドゥー教の一派。スマールタとはスムリティ(聖伝書)から派生した語で、スムリティに定められた諸規定を守る者をいう。元来は、『シュラウタ・スートラ(天啓経)』に規定された公の祭式を行う者と対比して、スムリティとくに『家庭経』に規定された家庭内での簡単な祭式を行う者のことをいったが、現在では、おもに南インドでシャンカラ系のベーダーンタ説を奉じている人々をさす。[島 岩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android