スミア(読み)すみあ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スミア

CCD撮像素子を使用したデジタルカメラでは、明るい撮影条件下で縦方向の光のスジが入ることがあり、これをスミアという。電子式シャッターを採用したカメラの場合、シャッター後でもフォトダイオードが感光。そこから漏れ出した電荷が、転送中の電荷に影響を及ぼすことからなる。スミアを防止するため、電子シャッターに加え、メカニカルシャッターを採用する機種もある。また、CMOSを受光素子に使ったカメラでは、原理的にスミアは生じない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スミア(smear)

デジタルカメラなどで撮影する際、強い光源が画面に入った場合に、縦方向(または横方向)の光の帯が発生する現象

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

スミア

smear(=シミ、汚れ)。撮影画面に太陽などの高輝度のスポット光を写し込んだとき、その光源を中心に明るい帯状の線が発生する現象。シャッターを CCD のスイッチングで行う(プログレッシブ方式)機種で起こりやすい。メカニカルシャッターで露光するCCD(インターレース式)を使ったカメラでは起こりにくい。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android