しみ

百科事典マイペディアの解説

しみ

肝斑とも。前額から眼の周囲,頬(ほお),口唇(こうしん)などに左右対称性に現れる色素沈着。褐色ないし暗褐色で,境界は比較的明瞭。一般に30歳以降の女性に多い。直射日光,精神的衝動などが誘因とされる。肝,卵巣,副腎皮質障害や,妊娠の際にもみられる。精神療法と,ビタミンC大量療法が行われる。なお,老化現象としての色素沈着も〈しみ〉と称する。これは主として顔面,手,その他の露出部にできる褐色斑で,普通は治療を要しない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しみ【chloasma】

顔面,とくに眼の付近の前額部,頰部などにみられる褐色ないし灰褐色の色素斑で,肝斑とも呼ばれるが,肝機能障害との関係はない。色素斑の境界は比較的鮮明で,種々の形をとるが,発赤,搔痒(そうよう)感(かゆみ)などの炎症症状を伴わない。夏季に悪化し,冬季にはいくぶん色が淡くなる。30歳以後の女性に多く,男性にはほとんどみられず,女性ホルモンの異常によるものとも考えられるが,原因は不明である。妊娠時の卵胞ホルモンメラノサイト刺激ホルモンの増加によるものは妊娠性肝斑と呼ばれ,出産後に自然に治癒する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しみ

( 接頭 )
体言や形容詞に付いて、意味を強めるのに用いる。「―真実」「―したたるし」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しみ
しみ

肝斑(かんぱん)の俗称。おもに前額、側頭、頬骨(きょうこつ)(ほお骨)部などに左右対称に生じる境界明瞭(めいりょう)で平らな淡褐色の色素沈着斑で、発赤やかゆみなどは伴わない。30歳以後の女性に多いが、妊娠、月経不順、経口避妊薬連用に関連して生じる例もある。
 なお、老人性色素斑を俗に「しみ」とよぶこともある。これは老化現象の一つとしてみられる大小の褐色色素斑で、そばかす(雀卵斑(じゃくらんはん))に似て小さく顔面に多発するものや、老人性疣贅(ゆうぜい)へ移行することもある大形のもの、あるいは白斑や色素斑が混在するものなどがある。とくに治療を要しないが、癌(がん)前駆症との鑑別(悪性黒色腫(しゅ))が重要である。[安藤巌夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しみの関連情報