コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリランカ自由党 スリランカじゆうとうSri Lankā Freedom Party

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スリランカ自由党
スリランカじゆうとう
Sri Lankā Freedom Party

略称 SLFPスリランカの政党。 1951年,S.W.R.D.バンダラナイケ統一国民党を離党して結成。シンハラ語の国語化や仏教重視など,シンハラ人優先主義政策を掲げる。 56年4月の総選挙では,独立以後政権の座にあった統一国民党を破り政権の座についたが,59年に党首のバンダラナイケ首相が暗殺された。 60年7月の総選挙でシリマボ・バンダラナイケ前首相未亡人を新党首として勝ち,与党となった。 65年3月の総選挙で大敗したが 70年5月の第7回総選挙では平等社会党,スリランカ共産党と左翼統一戦線を結成,中心政党として大勝利を収め,社会主義政策を実行してきた。 77年7月の総選挙では統一国民党に惨敗し,以後 94年までの 17年間政権から離れた。 94年8月の総選挙では第1党に返り咲き,同年 11月の大統領選挙でも勝ち,バンダラナイケの次女,チャンドリカ・バンダラナイケ・クマラトゥンガが大統領に,さらに母親のシリマボが首相にそれぞれ就任した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のスリランカ自由党の言及

【バンダラナイケ】より

…1940年政治家のS.W.R.D.バンダラナイケと結婚。夫の死後,政治活動に入りスリランカ自由党の総裁に選出され,60年7月の総選挙に勝利し,世界で初の女性首相となった。65年に下野したが,70年にはトロツキストの平等社会党と共産党との統一戦線を組み,総選挙に圧勝した。…

※「スリランカ自由党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スリランカ自由党の関連キーワードクマラトゥンガチャンドリカ クマラトゥンガキモトリプシン岡山県の要覧バンダラナイケマヒンダ ラジャパクサ劉邦平成の大合併劉邦岡山(県)

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スリランカ自由党の関連情報