コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那賀 なが

2件 の用語解説(那賀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那賀
なが

和歌山県北部,紀の川市北東部の旧町域。紀ノ川の中流域に位置する。1955年名手町と王子村,狩宿村,上名手村,麻生津村の 4村が合体して那賀町が発足。2005年打田町,粉河町,桃山町,貴志川町の 4町と合体して紀の川市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

那賀
なが

和歌山県北部、那賀郡にあった旧町名(那賀町(ちょう))。現在は紀の川市の北東部を占める地域。旧那賀町は、1955年(昭和30)名手(なて)町と上名手、麻生津(おうづ)、狩宿(かりしゅく)の3村と王子村の一部が合併して成立、2005年(平成17)打田(うちた)、粉河(こかわ)、桃山(ももやま)、貴志川(きしがわ)の4町と合併し、紀の川市として市制施行。紀ノ川北岸をJR和歌山線、国道24号、480号が通じる。紀ノ川を挟んで北は葛城(かつらぎ)山(858メートル)で大阪府に接し、南は飯盛(いいもり)山(746メートル)に至る。紀ノ川北岸に沿う名手市場が中心集落で、かつては大和(やまと)街道から西高野(にしこうや)街道が分岐する宿場町であった。旧名手宿本陣は国史跡に指定されるとともに、旧名手本陣妹背(いもせ)家住宅は江戸初期の大庄屋(おおじょうや)住宅で国の重要文化財。江戸末期の外科医華岡青洲(はなおかせいしゅう)の生地で、墓碑(県の史跡)がある。対岸の北涌(きたわき)は近世、紀ノ川の河港で西高野街道の渡津(としん)集落。南北の山地はミカン、カキの栽培地。黄銅鉱を産出した飯盛鉱山は1971年閉山。藤崎堰(せき)のある藤崎弁天付近と葛城山一帯は金剛生駒紀泉国定公園。[小池洋一]
『『那賀町史』(1981・那賀町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

那賀の関連キーワード和歌山県紀の川市北大井和歌山県紀の川市北志野和歌山県紀の川市北勢田和歌山県紀の川市北中和歌山県紀の川市北長田和歌山県紀の川市北涌和歌山県紀の川市窪和歌山県紀の川市嶋和歌山県紀の川市東国分和歌山県紀の川市別所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

那賀の関連情報