スリー・ポインツ[岬](英語表記)Cape Three Points

世界大百科事典 第2版の解説

スリー・ポインツ[岬]【Cape Three Points】

西アフリカ,ガーナ最南端の岬(北緯4゜43′,西経2゜06′)。かつてヨーロッパ人は,ギニア湾に突出するこの岬を境にして,東側を黄金海岸,西側を象牙海岸と呼んだ。岬の近辺にはヨーロッパ人が築いた砦の跡が散在する。周辺はギニア湾岸には珍しく岩石海岸となり,沖合は好漁場である。ウェスト・ポイントとイースト・ポイントに分かれ,イースト・ポイントに灯台が立つ。【郷 研二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android