コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西アフリカ にしアフリカWest Africa

3件 の用語解説(西アフリカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西アフリカ
にしアフリカ
West Africa

一般的にアフリカ西部をさす用語で,厳密な地方名ではない。南はギニア湾,北はサハラ砂漠,東はカメルーンチャド湖に限られる地域を漠然とさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にし‐アフリカ【西アフリカ】

アフリカ西部を占める地域。ニジェールマリモーリタニアセネガルガンビアギニアビサウギニアシエラレオネリベリアコートジボワールブルキナファソガーナトーゴベナンナイジェリアカーボベルデからなる。ほとんどがサハラ砂漠乾燥帯で占められる。ガオトンブクツなどニジェール川河岸の都市を支配したソンガイ帝国などが古くから高度な黒人文明を発展させた。現在はモーリタニアを除く15か国がECOWAS(エコワス)を構成し、経済的に結びついている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西アフリカ
にしあふりか
West Africa

アフリカ大陸の西部、サハラ砂漠以南の地域の総称。内陸部はサハラ砂漠の南縁にサヘル地域が東西に横断し、ステップサバンナ地帯であるが、大西洋沿岸地域は熱帯雨林地帯である。古代、中世には、ガーナ、マリ、ソンガイの諸帝国がニジェール川上流地域に沿って繁栄し、沿岸地域ではベニンアサンテなどの王国が栄えた。19世紀末にはリベリア(1847年独立)以外の地域は、フランスイギリスポルトガルの植民地となったが、1960年代に大半の地域が独立した。現在はモーリタニア、セネガルガンビアギニアギニア・ビサウカーボベルデシエラレオネ、リベリア、コートジボワール、マリ、ブルキナ・ファソ、ガーナ、トーゴベナンナイジェリアニジェールの16か国がこの地域に属し、西アフリカ諸国経済共同体をつくっている。[中村弘光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西アフリカの関連情報