コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギニア湾 ギニアわんGolfe de Guinée

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギニア湾
ギニアわん
Golfe de Guinée

大西洋東部,アフリカ大陸西岸に湾入する大湾。リベリアパルマス岬からガボンロペズ岬にいたる線で限られる海域をさす。ガーナからナイジェリア南西岸にいたるベナン湾,ナイジェリア南東岸からカメルーンにいたるボニー湾を含む。ベンゲラ寒流,ギニア暖流にはさまれるため,湿った空気をもたらし,沿岸は降水量が多い。砂州や潟が多く,天然の良港は少い。豊かなマグロ漁場があるが,沿岸諸国以外の外国船に奪われている。沖合いでは油田の開発が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ギニア湾【ギニアわん】

アフリカ大陸の西岸にある大西洋の大湾。リベリアとコートジボワール国境のパルマス岬からガボンのロペス岬にかけての湾入で,湾奥北部にはニジェール川が注ぎ大デルタを形成している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギニアわん【ギニア湾 Gulf of Guinea】

アフリカ大陸の西海岸において,西アフリカから南部アフリカにかけて,大西洋が大きく湾入している部分をいう。地域的には,リベリアの南端,コートジボアールとの国境に近いパルマス岬の突出部からガボンのオゴウェ河口の突出部ロペス岬にかけての湾入をさす。湾の最奥部の湾頭の近くには,西アフリカ最大のニジェール川が注ぎ,大デルタを形成している。このデルタの突出にさえぎられた西側の湾をベニン湾,東側の湾入をボニー湾と呼ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ギニアわん【ギニア湾】

アフリカ中西部、大西洋側の赤道直下にある広大な湾。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギニア湾
ぎにあわん
Gulf of Guinea

アフリカ大陸が西アフリカから中央アフリカへ大きく屈曲する所へ、大西洋が湾入する海域。西端はリベリアのパルマス岬(西経7度43分、北緯4度22分)、南端はガボンのロペス岬(東経8度42分、南緯0度38分)で、ほぼ中央部にあるニジェール川の円弧状三角州の西部をベナン湾、東部をビアフラ湾とよぶ。湾内には、北東―南西方向に、北からビオコ島(赤道ギニア)、プリンシペ島サントメ島(ともにサントメ・プリンシペ)、パガル島(赤道ギニア)などの火山列島が線状に浮かんでいる。湾内の海水は赤道直下にあってもあまり高温にならず、冷水塊も発生する。そのため蒸発量は抑えられ、内陸側へ吹き込む風は比較的に乾燥しやすく、熱帯低地林の発達を抑えているといわれる。なおギニア湾岸沿いの地域は、植民地時代にヨーロッパとの交易で、西から穀物海岸(リベリア)、象牙(ぞうげ)海岸(コートジボワール)、黄金海岸(ガーナ)、「奴隷海岸」(トーゴ、ベナン、ナイジェリア)という、アフリカの歴史に深い傷跡を示す地名が残った所として知られる。[堀 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ギニア湾の関連キーワードダオメー(アフリカの地名)アイボリー・コーストフェルナンドポー島サントメプリンシペスリーポインツ岬プリンシペ[島]サントメ[島]アンノボン島小エロベイ島大エロベイ島エロベイ諸島ハルマッタンビオコ[島]ポールブーエリーブルビルポルトノボランバレネバジーレ山ボンボン島カブラス島

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギニア湾の関連情報