コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルタン・ワラド スルタン・ワラド Sulṭān Walad, Bahā al-Dīn Aḥmad

2件 の用語解説(スルタン・ワラドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルタン・ワラド
スルタン・ワラド
Sulṭān Walad, Bahā al-Dīn Aḥmad

[生]1226
[没]1312. コンヤ
ペルシア神秘主義詩人。大神秘主義詩人ルーミーの子。父亡きあと神秘主義教団の指導者,詩人としてルーム・セルジューク朝時代に活躍した。主要作品『ワラドの書』 Walad-nāmeは叙事詩形による詩集で,父ルーミーの生涯と教えを主題とし,ルーミー研究に不可欠な資料である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スルタン・ワラド
するたんわらど
Sultn Walad
(1226―1312)

ペルシアの神秘主義者、詩人。偉大な神秘主義詩人ルーミーを父として生まれ、生涯をトルココニヤで過ごした。父没後の1291年、父の生涯をモチーフに長編叙事詩『ワラドの書』を発表。これはルーミー研究の貴重な資料と目され、父がつくった神秘主義メフレビー教団の基礎を確立した。ほかに叙情詩、四行詩からなる詩集を残し、後世トルコ文学に注目すべき影響を与えている。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スルタン・ワラドの関連キーワードN没・歿勃・歿・没M-N コンバータコンべき根(冪根)Diaz de la Peña,N.コンテ,N.J.ベーコン,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone