コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スンダルガル Sundargarh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スンダルガル
Sundargarh

インド東部,オリッサ州北西部の町。スンダルガル県の行政庁所在地。マハーナディ川支流のイブ川に面し,標高 240mの台地上に位置。かつてのガングプル藩王国の首都。 1949年にオリッサ州に編入。米,サトウキビ,からしなどの生産と取引の中心地。付近の石灰,鉄鉱石の開発も進められているが,工業は未発達。カタックのウトカル大学の理学部がある。人口2万 3699 (1981推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android