コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スンバワ[島] スンバワ

百科事典マイペディアの解説

スンバワ[島]【スンバワ】

インドネシア中南部,小スンダ列島ヌサ・テンガラ)に属する島。波状の卓状地からなる。火山が多く,タンボラ火山(2850m)は1815年に有史以来最大級の爆発を起こして,4000mから現在の高さになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スンバワ[島]【Sumbawa】

インドネシア中部,小スンダ列島中央部の島。ロンボク島フロレス島に挟まれる。面積1万3980km2。人口約41万。主都東部のラバ。東西に細長く延びる。海岸線の出入りがきわめて複雑で,ことに東部にはサレーサンガルビマなどの湾入と,それに伴う小半島の突出がある。内陸部諸所に新期の火山が噴出する。北岸中央の最高峰タンボラ火山(2850m)はかつては標高4000mを超えていたが,1815年の大爆発(有史以来,世界屈指の爆発として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android