コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーキ・ニマ伝 スーキ・ニマでんgZugs kyi nyi ma'i rnam thar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーキ・ニマ伝
スーキ・ニマでん
gZugs kyi nyi ma'i rnam thar

チベットの仏教説話。作者,成立年代未詳。作品中には,Vairocanaおよび She'uがインドの説話を翻訳したと書かれているが,該当するインドの説話は知られていない。物語の主題,構成には『シュカサプタティ』などインド文学の影響がみられる。韻文を交えた美文。口頭でも広く知られ,巡回物語師ラマ・マニや劇団アチェ・ハモの演目の一つ。仏教に信仰の厚い,貧しいが美しいバラモンの娘スーキ・ニマは,異教徒の王様の熱心な求婚を受けて,妃になるが,まもなく他の妃たちに陥れられ追放される。放浪の旅をしながら,信仰の力で人々を感動させ教化し,ついに妃たちをも改心させて再び王妃として迎えられる。その後,王子に位を譲った王とともに出家隠栖し,悟りを得るという筋。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android