放浪(読み)ホウロウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ろう〔ハウラウ〕【放浪】

[名](スル)あてもなくさまよい歩くこと。さすらい。「放浪の旅」「各地を放浪する」
[補説]書名別項。→放浪

ほうろう【放浪】[書名]

岩野泡鳴長編小説。明治43年(1910)刊行。北海道での放浪生活をもとに描いた長編五部作の一。
葛西善蔵私小説。大正10年(1921)「国本」誌に発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうろう【放浪】

岩野泡鳴の長編小説。1910年(明治43)東雲堂刊。樺太の缶詰事業に失敗した田村義雄は,ひとまず札幌の友人たちのもとに身を寄せて再起を図る。しかし,樺太に残してきた弟や従弟をはじめ東京にいる妻子や愛妾お鳥,そして抵当に入っている家のことなどもからんで,すべてうまくいかない。絶望的な日々の中で薄野(すすきの)遊郭で敷島という女を知る。やがて義雄は,彼女の生き方の中に自分の哲理が具現されているのを感じ,思いを深めてゆく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうろう【放浪】

( 名 ) スル
あてもなくさまよい歩くこと。さすらい。 「各地を転々と-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐ろう ハウラウ【放浪】

〘名〙
① あてもなくさまよい歩くこと。一つ所に定住することなく、転々とさすらうこと。流浪。
※東海一漚集(1375頃)三・与虎関和尚「爾後放浪佗国今十有二年」
※囚はれたる文芸(1906)〈島村抱月〉一一「而して其の放浪する所は情の大海なるべし」 〔杜甫‐石櫃閣詩〕
② 気ままにすること。心のままにして、物事にくよくよしないこと。〔王羲之‐蘭亭集序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放浪の関連情報