コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパーオキシドディスムターゼ superoxide dismutase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーパーオキシドディスムターゼ
superoxide dismutase

スーパーオキシドアニオンを分解して過酸化水素 H2O2 と酸素 O2 にする酵素。 1969年に J.M.マックコードと I.フリードビッチによって発見され,肝臓,脳,赤血球などに広く分布することが認められている。スーパーオキシドアニオンが生成系に及ぼす障害は本酵素によって防御されていると思われ,過酸化脂質の増加などによるとされる。老化現象の要因にはこの酵素の減弱があると考えられている。現在,抗炎症剤として開発が進められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スーパーオキシドディスムターゼの関連キーワードエリスロクプレイン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スーパーオキシドディスムターゼの関連情報