コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過酸化脂質 かさんかししつ

大辞林 第三版の解説

かさんかししつ【過酸化脂質】

不飽和脂肪酸が活性酸素などにより酸化されてできる物質。組織障害や老化の原因と考えられている。脂質酸化物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

栄養・生化学辞典の解説

過酸化脂質

 脂質過酸化物ともいう.脂質(脂肪酸)の過酸化物.二重結合をもつ不飽和脂肪酸が,リポキシゲナーゼによって酵素的に,また空気中の酸素などによって非酵素的に図のように過酸化物となる.広義にはヒドロペルオキシ構造のものやエンドペルオキシ構造のものも過酸化脂質に含める.これらを分解する酵素としては,グルタチオンペルオキシダーゼがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

過酸化脂質の関連キーワードグルタチオンペルオキシダーゼ欠損スーパーオキシドディスムターゼ動脈硬化症・大動脈瘤コンドロイチン硫酸ペルオキシダーゼカレイ・ヒラメトコフェロールエリオシトリンサヤインゲンカリフラワーチンゲンサイビタミンB群サフラワー油動脈硬化用剤大豆サポニンサツマイモホタテガイビタミンEキンメダイ八木 国夫

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android