コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過酸化脂質 かさんかししつ

3件 の用語解説(過酸化脂質の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かさんかししつ【過酸化脂質】

不飽和脂肪酸が活性酸素などにより酸化されてできる物質。組織障害や老化の原因と考えられている。脂質酸化物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かさんか‐ししつ〔クワサンクワ‐〕【過酸化脂質】

脂質過酸化物。ふつう不飽和脂肪酸活性酸素によって酸化された物質を指す。血管内に付着して動脈硬化の原因になったり、皮膚細胞に作用してしみやしわを作ったりする。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

過酸化脂質

 脂質過酸化物ともいう.脂質(脂肪酸)の過酸化物二重結合をもつ不飽和脂肪酸が,リポキシゲナーゼによって酵素的に,また空気中の酸素などによって非酵素的に図のように過酸化物となる.広義にはヒドロペルオキシ構造のものやエンドペルオキシ構造のものも過酸化脂質に含める.これらを分解する酵素としては,グルタチオンペルオキシダーゼがある.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

過酸化脂質の関連情報