ズボンプレッサー(読み)ずぼんぷれっさー(英語表記)trouser presser

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズボンプレッサー
ずぼんぷれっさー
trouser presser

ズボンの折り目が消えないように再折り目つけをする電気器具。家庭用としては、1960年代(昭和30年代後半)から使われ始めた。蝶番(ちょうつがい)で結合された二枚の挟持板(きょうじばん)をもち、挟持板の一方または両方の内部に発熱体を埋め込み、この両方の挟持板を閉じて掛け金を掛け、加圧して挟んだズボンを、熱と圧力とで折り目を正す。発熱体には、ニクロム線を絶縁して薄く敷き詰めたコードヒーター式と、アルミニウム箔(はく)を敷き詰めた面(めん)ヒーター式とがある。また挟持板の内面には、ズボンに均一な圧力が加わるように、スポンジ状のクッションが貼(は)り付けてある。電気アイロンと違い、温度は比較的低温で、自動温度調節器によりおよそ120℃以下にセットされている。さらに安全のため温度ヒューズが取り付けられている。消費電力は200~600ワットが一般的である。ズボン生地の厚いもの、薄いものの使い分けは、時間を調節して行う。最近は、最長25分くらいまでのタイムスイッチ付きのものが使われている。ズボンに霧吹きをしたり、洗濯後のぬれたままで使うことができないので、よく乾かしてから使うことが必要である。なお、洗濯後のしわ伸ばし、折り目つけには電気アイロンがあり、類似器具にプリーツスカート専用のスカートプレッサーがある。[熊田泰治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ズボンプレッサーの関連情報