コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズルナ 〈トルコ〉zurna

百科事典マイペディアの解説

ズルナ

トルコおよびアラブのオーボエ属の管楽器。おもに野外で使われる。祭りや結婚式での踊りの伴奏など,民俗音楽に太鼓と一緒によく用いられる。トルコの伝統的軍楽メヘテル(メヘテルハーネ)でも大型のズルナが主な旋律楽器として使われている。
→関連項目ソルナーダウル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ズルナ【zurna】

西アジアを中心に、北アフリカ・アジア一帯に広く分布するダブル-リードの管楽器。エジプトではミズマール、インドではシャーナーイと呼ばれる。スルナイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のズルナの言及

【スルナイ】より

…ダブル・リードで音を発する木製の管楽器で円錐状の管孔をもち,基本的には大部分のものが前面7孔,裏面1孔という同一の構造をもっているが,各文化圏により名称や大きさ,材質などに微妙な違いが見られる。ペルシア語の呼称は〈祭sūrの笛nāy〉の意で,トルコのズルナzurna,北インドのシャーナーイshahnāi,インドネシアのスルナイserunai等のようにペルシア語に由来した呼称が行われている一方,チベットのギャリンrgyaling,タイのピーpīなどのようにペルシア語からは遠ざかっているものもある。中国では明代に伝えられソーナー,スオナーなどと呼ばれ,鎖吶,鎖などと記され,清代には嗩吶,蘇爾奈とも書かれた。…

※「ズルナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ズルナの関連キーワードアルメニア音楽ギリシア音楽シャーナーイスールナーイイスラム音楽ミズマールスールナイスルナイロマ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android