コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズー・アンヌーン Dhū al‐Nūn

世界大百科事典 第2版の解説

ズー・アンヌーン【Dhū al‐Nūn】

796ころ‐861
エジプト生れのイスラム神秘主義思想家。カイロでイスラム諸学を修めた後,メッカからダマスクスに遊学してスーフィーとしての修行を積み,晩年には大衆に神秘主義思想を説いたかどで一時投獄された。神に対する〈愛〉の重要性を認め,その導きによって修行過程を極めれば,神の顔を目のあたりにするワジュド(恍惚)の域に達するとした。この時の認識を,グノーシス(神秘的知識)の思想を援用してマーリファ(感性的知識)と呼び,神秘主義思想の理論化に大きく貢献した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のズー・アンヌーンの言及

【ヘルメス思想】より


[伝統]
 ヨーロッパでは11世紀にプセロスが《コルプス・ヘルメティクム》に言及しているので,ひそかに伝えられていたことがわかるが,イスラム圏では,ヘルメス・トリスメギストスを精神的父祖としていたシバ(サバ)人で,初期のアラビア科学者として有名なサービト・ブン・クッラがシリア語で《ヘルメスの教え》を書いてみずからアラビア語に訳した。同様にヘルメスを預言者の一人として扱っていたマニ教を受け継いだイスラム教シーア派はヘルメスをイドリース(旧約聖書のエノク)と同一視し,ズー・アンヌーンによってイスラム神秘主義(スーフィズム)にも影響を与えた。イスラム圏でヘルメス思想の影響を受けた著名な科学者や思想家としてはキンディー,ジャービル・ブン・ハイヤーン,イブン・アルハイサム,スフラワルディーらがいる。…

※「ズー・アンヌーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ズー・アンヌーンの関連キーワードムタワッキルイスラム文化ファルガーニー平安時代(年表)オッファヒシャーム1世訪日外国人旅行者五紀暦真如宣明暦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android