セオドア コーエン(英語表記)Theodore Cohen

20世紀西洋人名事典の解説

セオドア コーエン
Theodore Cohen


1918 -
米国の経済人
元・GHQ経済科学局労働課長。
ニューヨーク生まれ。
日本の労働運動についての論文で修士号を取得し、1937年にニューヨーク市立大学歴史学の講師に、アメリカ戦略局、外国経済局を経て、’46年にGHQの労働課長になり、日本の民主的労働運動の発展に貢献した。’49年にGHQ内の「為替レート決定特別委員会」の議長となり、その後国連アジア極東経済委員会アメリカ代表となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android