コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セクウェンツィア sequentia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セクウェンツィア
sequentia

「続唱」と訳される。特定のミサの書簡の朗読のあと,アレルヤ唱 (またはトラクトゥス) の前に歌われる。 10世紀頃アレルヤ唱のメリスマ的旋律に歌詞をあてはめることから起り,多くの曲が自由につくられたが,トリエント公会議 (1545~63) で以下の4曲以外のミサにおける使用が禁止された。「ウィクティメ・パスカーリ」「ウェニ・サンクテ・スピリツス」「ラウダ・シオン」「ディエス・イレー」。のち 1727年に「スタバト・マーテル・ドロローサ」が加えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セクウェンツィアの関連キーワードフランス音楽エスタンピエスイス音楽