セッサアウルンカ(英語表記)Sessa Aurunca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セッサアウルンカ
Sessa Aurunca

イタリア南部,カンパーニア州カゼルタ県の町。ナポリ北西約 51kmにある。古代アウルンキ人の主要都市であったが,ローマ人に朝貢を拒んで破壊され,その植民地となった。ローマ時代の劇場,浴場などの廃虚が残り,ロマネスク様式聖堂がある。温泉があり,肥沃な火山灰土質に恵まれ穀類ブドウ,果樹栽培が行われる。人口2万 2782 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android