セビリア カテドラル

世界遺産情報の解説

セビリア カテドラル

スペイン最大のカテドラルです。ローマのサン・ピエトロ寺院、ロンドンのセント・ポール寺院に次ぐ、ヨーロッパ第3の大きさを誇ります。ビルヘン・デ・ロス・レイェス広場にあり、「後世に見る人が我々を狂人扱いするほど大きな教会を建てよう」と15世紀に建てられました。後期ゴシック様式ですが、ルネサンス様式の影響も垣間見えます。内部では、キリストマリアの生涯を描いた祭壇がある中央礼拝堂が世界最大の礼拝堂として圧巻。また、イスラム文化憧憬が見られる美しいヒラルダの塔を持ちます。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android