コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セプティミウスセウェルス門 セプティミウスセウェルスモン

デジタル大辞泉の解説

セプティミウスセウェルス‐もん【セプティミウスセウェルス門】

Arch of Septimius Severus》リビア北西部の古代ローマの都市遺跡レプティスマグナにある凱旋門。紀元2世紀初頭、古代ローマ皇帝セプティミウス=セウェルスとその息子がパルティアとの戦いで勝利したことを記念して建造された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

セプティミウスセウェルス門の関連キーワードアーチ橋アーチアナクシマンドロスクレルモン=ガノーアナクシメネス建築メイエロウィッツ魚類/主要用語解説トロイア戦争記アルバーノ・ラツィアーレ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android