コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナクシメネス アナクシメネスAnaximenēs

6件 の用語解説(アナクシメネスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナクシメネス
Anaximenēs

[生]前585頃
[没]前528頃
ミレトス学派 (→イオニア学派 ) のギリシアの哲学者。アナクシマンドロスの弟子。彼は万物の根源アルケ archēを,無限ですべてを包括し不断に運動する空気 aērであるとし,その濃度の変化という点から自然界の一元論的説明を試みた。水を archēとしたタレスの一元論を発展させた彼は,ミレトス学派の完成者としてアナクサゴラスや原子論者,自然学者らに大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アナクシメネス(Anaximenēs)

[前585ころ~前528ころ]古代ギリシャの哲学者。万物はその根源としての空気の濃厚化と希薄化とによって生成すると説いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アナクシメネス

前6世紀中葉に活動した古代ギリシア,ミレトス学派の哲学者。アナクシマンドロスの弟子。著作はほとんど残っていない。万物のもと(アルケー)をアエル(空気)であるとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アナクシメネス【Anaximenēs】

前546年ころ活動の最盛期を迎えた古代ギリシアの哲学者。生没年不詳。ミレトスの出身で,アナクシマンドロスの弟子。その著作の一つの断片には〈空気たるわれわれの魂がわれわれを支配維持するがごとく,コスモス全体を包括するのは気息,すなわち空気なり〉と書かれている。彼はアナクシマンドロスの〈ト・アペイロン〉を〈空気(アエルaēr)〉であると理解し,空気という元素的なもの一つで万物の成立を説明できると考えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アナクシメネス【Anaximenēs】

前585頃~前528頃) 古代ギリシャ、ミレトス学派の哲学者。師であるアナクシマンドロスの考えを受けて、万物の根源を「空気」ととらえ、その濃厚化・希薄化によって万物の生成を説明した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナクシメネス
あなくしめねす
Anaximens
(前585ころ―前528ころ)

古代ギリシアの哲学者。小アジアイオニア地方の町ミレトスに生まれる。アナクシマンドロスの後継者とされるが、著作は失われ、わずかな断片を残すのみである。万物のもとのもの(アルケー)は神的な空気で、この空気が希薄になると暖かい火が生じ、濃厚になると冷たい水や土や石などが生じるが、この希薄化と濃厚化を通じて生じたあらゆるものは、ふたたび空気へ返るというのが、その教えの根本である。この空気はまた生命の原理でもあり、したがって人間の魂も空気であって、「空気であるわれわれの魂がわれわれを統率しているように、気息(プネウマ)すなわち空気が世界全体を取り巻いている」と説くとともに、大地は平板状であって空気の上に乗っているとか、天体は大地から立ち上る蒸気が希薄となり火となってできあがったものであるとか説いたと伝えられる。[鈴木幹也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアナクシメネスの言及

【イオニア学派】より

…この呼称は,ピタゴラスを祖とするイタリア学派の呼称とともに,ペリパトス学派の伝統のなかで形成された分類法に基づくものである。この派に入るものとして,この地のミレトス市を中心に活動したタレス,アナクシマンドロス,アナクシメネスらのミレトス学派の哲学者がいる。この派は唯一つの原初的物質(アルケー)を想定し,これから世界が形成されるとしたが,これは真実在についての体系的説明としての哲学にとって,重要な一歩を踏み出すものであった。…

【ギリシア科学】より

…ついでアナクシマンドロスは,アルケーはすでに限定をもっている〈水〉ではなく,それ以前の〈無限定なもの(ト・アペイロン)〉であるとし,これから乾―湿,温―冷の対立物が分離し,さらに地,水,空気,火の四大元素が形成され,それによってどのように宇宙や天体がつくられるかを具体的,合理的に論究した。さらにアナクシメネスは無限な〈空気〉をアルケーとし,これが〈濃厚化〉したり〈希薄化〉することによって万物が生ずると考え,はじめて生成変化の起こるしかたを示した。このミレトスの生成の自然学は,〈火〉をアルケーとして〈万物流転〉を説いたエフェソスのヘラクレイトスにより一般化され,すべてのものは〈上り道〉(地→水→空気→火)と〈下り道〉(上と反対の変化)の過程にあるとされた。…

※「アナクシメネス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アナクシメネスの関連キーワード糟屋屯倉アナクシメネスアナクシメネスギリシア哲学用明天皇敏達天皇供託合資会社上海国際博覧会上海万博

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone