コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルース鳥獣保護区 セルースちょうじゅうほごくSelous Game Reserve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルース鳥獣保護区
セルースちょうじゅうほごく
Selous Game Reserve

タンザニア中部,首都ダルエスサラームの南西 250kmのルフィジ川流域に広がる鳥獣保護区。面積5万 km2。ドイツ帝国最後の皇帝ウィルヘルム2世の妻の狩猟場があった地で,1905年アフリカ東部初の自然保護区に指定され,1922年にイギリスの探検家フレデリック・セルースの名にちなんで名づけられた。東部のサバナと西部の森林地帯に分けられ,2000種以上の植物が確認されている。ゾウ,ライオン,サイといった大型哺乳類の生息地でもあるが,密猟によりクロサイの数は激減した。ワシ,タカなど猛禽類の数も多い。 1982年世界遺産の自然遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android