コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレ Sérrai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セレ
Sérrai

セレス Sérresともいう。ギリシア北部,マケドニア地方中部の都市。セサロニキの北東約 70km,ストリモン (ストリモナス) 川左岸の肥沃な河谷にある。古代にシリスとして知られ,ビザンチン皇帝によって東西交通路を守るための要塞が築かれた。 14世紀後半以降トルコ領。 1913年ブルガリアに占領されたが,のちギリシア領。第1次世界大戦後,トルコに住んでいたギリシア人が多数流入し,人口が急増。現在,周辺の農業地帯の商業中心地で,米,穀類,たばこ,綿花,皮革などの取引が盛ん。セサロニキと鉄道,道路で連絡。人口4万 6317 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セレの関連キーワードキスリング(Moïse Kisling)goal performance24セレン(データノート)富山県黒部市宇奈月温泉アクセル(システム)ガラクトセレブロシドリュック アルファングルコシルセラミドグルコセレブロシドグリコセレブロシド裂傷型回転楕円体セレノシスチンスエレクトロンソケット370プジャード運動セレブリティーセーラーセレスアンティオキアエクセレント

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セレの関連情報