コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センチメンタル・ドラマ センチメンタル・ドラマsentimental drama

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センチメンタル・ドラマ
sentimental drama

17世紀末~18世紀中期にイギリスで流行した感傷的な演劇。風習喜劇の理知性や風刺的笑いに代って,常識的な道徳感情に訴えるペーソスや罪のない笑いを基調とし,当時台頭しつつあった中産階級の楽天性や世俗性に合致し,人気を呼んだ。代表的な作品としては,悲劇では N.ロウの諸作,喜劇では C.シバーの『のんきな夫』 (1705) などがある。フランスでも催涙喜劇 comédie larmoyanteの名で流行した。 (→感傷喜劇 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

センチメンタル・ドラマの関連キーワード負けるが勝ち

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android