コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼレ Sölle, Dorothee

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼレ
Sölle, Dorothee

[生]1929.9.30. ケルン
[没]2003.4.27
ドイツの女性プロテスタント神学者。 1974年以来,ニューヨーク市のユニオン神学校の組織神学教授。その著『代理』 Stellvertretung. Ein Kapitel Theologie nach dem Tode Gottes (1965) は神の死の神学以後の話題作となり,ポルトガル語,英語,フランス語,オランダ語,イタリア語などに訳された。夫で元ベネディクト会神父の F.ステフェンスキーとともにケルンで始めた「政治的な夜の祈り」は政治活動と信仰の接点を探るものとしてヨーロッパ各地に同種の集いを生み出した。ドイツ・ペンクラブ会員。上記のほかの主著は『苦しみ』 Leiden (1975) ,"Die Wahrheit ist konkret" (1963) ,"Atheistisch an Gottglauben" (1968) ,"Phantasie und Gehorsam.Überlegungen zu einer künftigen christlichen Ethik" (1968) ,"Politische Theologie. Auseinandersetzung mit Rudolf Bultmann" (1971) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゼレの関連キーワード聖ヤンネポムツキー巡礼教会S. ストリューフェルストゥッリオ セラフィンゼレナーホラの巡礼教会アスガー ハンメリクシャルパンティエ効果レーウフォンテーン岩ジョスカン・デ・プレテベルダ自然保護区イヴィチャ オシムストリューフェルスカステロブランコ県ストレウフェルスネポムク巡礼聖堂ネビンノムイスクVファーレン長崎アマル オシムアノーソ閃長岩エストレラ山脈クリミア天文台

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android