コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼータ関数 ぜーたかんすう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼータ関数
ゼータかんすう

リーマンのゼータ関数」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のゼータ関数の言及

【整数論】より

…またオイラーは,関数を考え,ζ(s)についていくつかの重要な性質を見いだした。この関数は19世紀になって素数定理との関係からG.F.リーマンによって研究され,リーマンのゼータ関数と呼ばれている。またオイラーの始めた楕円積分の研究は,19世紀に入って,ガウス,N.H.アーベル,C.G.J.ヤコビ,F.G.アイゼンシュタイン,L.クロネッカーらにより発展し,整数論と深く関係していることが明らかにされてきた。…

※「ゼータ関数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゼータ関数の関連キーワードリーマン(Georg Friedrich Bernhard Riemann)グロタンディエクリーマンの仮説リーマン予想解析的整数論ベルヌーイ数デデキントセルバーグラフォルグドリーニュ特殊関数リーマンベイユ素数

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android