ソアラー

精選版 日本国語大辞典「ソアラー」の解説

ソアラー

〘名〙 (soarer)⸨ソワラー⸩ 上級グライダー。上昇気流を利用して長時間または長距離の飛行が可能なように滑空比が大きく、それに必要な計器などを備えている。
※柿の(1940)〈林安繁〉グライダーを語る「最低級なのがプライマリー、次はセカンダリー、最高級なのがソワラーであって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のソアラーの言及

【グライダー】より

…第2次世界大戦では兵員,軍事,物資の輸送用に大型のグライダーも開発されたが,戦後は再びスポーツとしてのグライダーがもっぱらである。 なお,かつてはグライダーの操縦訓練において,ごく初歩の訓練用のプライマリーprimary,中級訓練用のセコンダリーsecondaryと呼ばれる機体での訓練を経て,揚抗比が30を超すような高性能のソアラーsoarerに進むという3段階がとられていたが,現在では初歩からソアラーの複座機で訓練が行われており,プライマリー,セコンダリーは姿を消している。
[グライダーの性能]
 原理のところで述べたように,グライダーでは揚抗比が大きくなるほど遠くまで飛行することができる。…

※「ソアラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android