コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソッツィーニ主義 ソッツィーニしゅぎSocinianism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソッツィーニ主義
ソッツィーニしゅぎ
Socinianism

16世紀,イタリアシエナの人,レリオ・ソッツィーニおよび彼の甥 F.ソッツィーニらが,スイス宗教改革セルベツスの反三位一体神学の影響を受け,特にポーランドクラクフを中心に東方に推進した教会改革運動。その教義的特徴は三位一体とキリストの神性の教義の否定であり,1605年『ラカウ・カテキズム』 Rakauer Katechismusを編纂,これを基準とする。戦争に絶対反対,無抵抗主義をとる。 17世紀まで発展したが,カトリック側の対抗宗教改革の圧力とポーランド議会の決議によって 38年本部が破壊され,追放された。イギリスアメリカではユニテリアンと同一視されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone