コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソッツィーニ主義 ソッツィーニしゅぎSocinianism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソッツィーニ主義
ソッツィーニしゅぎ
Socinianism

16世紀,イタリアのシエナの人,レリオ・ソッツィーニおよび彼の甥 F.ソッツィーニらが,スイスの宗教改革者セルベツスの反三位一体神学の影響を受け,特にポーランドのクラクフを中心に東方に推進した教会改革運動。その教義的特徴は三位一体とキリストの神性の教義の否定であり,1605年『ラカウ・カテキズム』 Rakauer Katechismusを編纂,これを基準とする。戦争に絶対反対,無抵抗主義をとる。 17世紀まで発展したが,カトリック側の対抗宗教改革の圧力とポーランド議会の決議によって 38年本部が破壊され,追放された。イギリス,アメリカではユニテリアンと同一視されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソッツィーニ主義の関連キーワードアルミニウス派カロフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android