コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無抵抗主義 むていこうしゅぎ

4件 の用語解説(無抵抗主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無抵抗主義
むていこうしゅぎ

圧政による軍,警察の暴力行使に対して抵抗しないとする考えをいう。反抗運動の一つの方法である。これは多くの場合宗教的信念に基づいている。トルストイガンジーがそうであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むていこう‐しゅぎ〔ムテイカウ‐〕【無抵抗主義】

社会的不正・圧政などに対して、非暴力的手段によって抵抗する主義。トルストイガンジーなどが主張。非暴力主義

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むていこうしゅぎ【無抵抗主義】

抵抗の方法に暴力的手段を用いない立場。宗教やヒューマニズムが思想的背景となる。ガンジーはイギリス植民地政策に対する非暴力・不服従・非協力をもって、インド独立を指導した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の無抵抗主義の言及

【コスモポリタニズム】より

…しかし,こうした主張は隠遁主義と結びつく一方,現実には帝国への忠誠の概念を包蔵していた。この考えを実質的に推し進めたのが原始キリスト教の無抵抗主義の唱道であり,ローマの軍国主義に対して平和的手段をとることは人間の基本的な義務であるとし,国家の権威の上に良心の権威をおいた。この思想は古代末期にいたってアウグスティヌスの《神の国》で神の浄福に輝く共同社会という形で,さらに,トマス・アクイナスの《君主統治について》の中では,数個の都市国家を包含する王国regnumを中世的帝国の合理的原則の体現とみなす考えとして示された。…

※「無抵抗主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無抵抗主義の関連情報