ソメワケベラ(読み)そめわけべら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソメワケベラ
そめわけべら / 染分倍良
cleaner wrasse
[学]Labroides bicolor

硬骨魚綱スズキ目ベラ科に属する海水魚。三宅(みやけ)島、和歌山県以南の南日本より西太平洋に分布。体はやや細長く側扁(そくへん)する。吻(ふん)がとがり、尾びれが大きい。老幼で斑紋(はんもん)が異なり、成魚は体の前半が暗紫色で、後半は淡黄色。背びれと臀(しり)びれの縁が白く、尾びれに半円形の黒色帯がある。全長12センチメートル。幼魚は尾柄(びへい)部を除き体全体が暗青色で、吻から目を通り尾柄に至る一条の黄色帯をもつ。
 浅い岩礁やサンゴ礁にすみ、ほかの魚の寄生虫を捕食する習性で有名である。このベラに近寄った魚は、ひれを立てたり口を大きく開けて静止し、ソメワケベラに体表や口腔(こうこう)内の寄生虫をとってもらう。この特異な食性のため、小形のベラでありながら大形の肉食魚にも捕食されず、掃除魚cleaner fishや床屋魚barber fishなどとよばれる。掃除魚としては、本種の同属であるホンソメワケベラL. dimidiatusのほうが個体数が多く有名である。[荒賀忠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のソメワケベラの言及

【ホンソメワケベラ】より

…スズキ目ベラ科の海産魚(イラスト)。体の前部と後部が黒褐色と黄色の2色に染め分けられているソメワケベラL.bicolorという近縁種があるが,本種は同じ属でほっそりしているところからホソソメワケベラと名付けられたが,いつのまにか誤ってホンソメワケベラとなってしまった。分布が広く,インド洋~太平洋,紅海とアフリカ東岸から南アフリカまで分布する。…

※「ソメワケベラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android