コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソライロアサガオ Ipomoea tricolor Cav.(=I.rubro‐caerulea Hook.)

2件 の用語解説(ソライロアサガオの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ソライロアサガオ【Ipomoea tricolor Cav.(=I.rubro‐caerulea Hook.)】

セイヨウアサガオとも呼ばれる熱帯アメリカ原産のヒルガオ科の一年草。8月末から霜の降りるまでの間,美しい青一色の花を咲かせるので,日よけ棚やフェンスにはわせて観賞する。葉は無毛でハート形。葉腋(ようえき)に花柄を出して十数花をつける点が,葉腋に1花しかつけない日本のアサガオと異なる。花が青藍色のヘブンリーブルーHeavenly Blue,白色のパーリーゲートPearly Gate,青に白縞の入るフライングソーサーFlying Saucersなどの品種がアメリカで作出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソライロアサガオ
そらいろあさがお

ヘブンリーブルーなど空色のアサガオの俗称。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソライロアサガオの関連キーワードヨウサイカシューナッツアメリカ杉アメリカン丸葉朝顔洋種朝鮮朝顔夜顔亜米利加ダツラネイティブアメリカン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソライロアサガオの関連情報