空色(読み)そらいろ

色名がわかる辞典「空色」の解説

そらいろ【空色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「明るい」としている。一般に、晴れわたった大空のような明るい青色のこと。晴れた空の色はさまざまに形容され、青空といったときは明るくも暗くもない青そのもの、また「群青色の空」と表現される群青色などがある。英名はスカイブルー(sky blue)、ラテン語が英語化した色名ではセルリアンブルー(cerulean blue)という。それぞれに色合いは少しずつ異なる。具体的に明るい青をさすときは水色と表現することの方が多く、空色は濁音が入らない語感のよさや、浮き浮きした感情を込めて用いられることがある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「空色」の解説

そら‐いろ【空色】

〘名〙
① 晴れた大空の色。明るくうすい藍色(あいいろ)。空の色。
※源氏(1001‐14頃)澪標「空いろの紙のくもらはしきに」
② 天気のぐあい。空模様。そらあい。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「天色(ソライロ)俄に一変して、黒雲墨の如く渦き起り」
③ 江戸時代、庶民が葬儀に参列するときに着た水色の紋服。地方によっては大正末期まであった。
※雑俳・柳多留‐一五(1780)「そら色で行く吉原は久しぶり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android