ソルボンヌ大学(読み)ソルボンヌだいがく

精選版 日本国語大辞典の解説

ソルボンヌ‐だいがく【ソルボンヌ大学】

(ソルボンヌはSorbonne) パリの五区、カルチエ‐ラタンにあるフランス最古の大学。神学者ロベール=ド=ソルボン(Robert de Sorbon)によって一二五七年に設けられた神学中心の教育機関(パリ大学神学部の前身)を起源とする。かつてはパリ大学全体の通称ともされたが、現在は文学・芸術・社会科学を中心とするパリ第四大学をさす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android