コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソローリャ Joaquín Sorolla y Bastida

世界大百科事典 第2版の解説

ソローリャ【Joaquín Sorolla y Bastida】

1863‐1923
スペインの画家。バレンシアに生まれる。生地の美術学校卒業後,フランス,イタリアに旅し,歴史画で成功。1900年,パリ国際展でグラン・プリ受賞後,明るく暖かい色と大きく自由なタッチで,地中海の光を表現するようになり,漁師や浜辺の子どもたちを主題に,光にきらめく〈水の喜び〉の画家として大成。ニューヨークのヒスパニック・ソサエティに〈火〉シリーズ《スペインの諸地方》がある。【神吉 敬三】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ソローリャの関連キーワードスロアーガ