コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンコイ[川] ソンコイ

百科事典マイペディアの解説

ソンコイ[川]【ソンコイ】

インドシナ半島北東部の川。全長805km。名はベトナム語で〈赤い川〉の意。紅河,ホンハ川とも。水中に含まれる酸化鉄のため水の色が赤い。中国雲南省に発して南東流,ハノイ北西で並行するソンボー川(黒河)を合わせ,トンキン・デルタを形成してトンキン湾に注ぐ。
→関連項目インドシナベトナム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソンコイ[川]【Song Coi】

ベトナム北部の川。紅河,ホンハ川Song Hong Haとも呼ばれる。中国の雲南省に発して南東方向に流下し,ベトナムの首都ハノイの直上で分流を発してソンコイ・デルタ(トンキン・デルタ)を形成し,トンキン湾に注ぐ。全長約1200km。流域面積約12万km2。デルタ直上での最大流量3万5000m3/s。その規模は利根川の数倍,メコン川など東南アジアの第一級河川の数分の一である。巨大な断層線に沿っており,定規で引いたような直線状の流路をもっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のソンコイ[川]の言及

【ベトナム】より

…これに対し,北東部山地は石灰岩の丘陵性で,平均標高は1000m内外,最高点のピアヤー山で1960mほどである。一般に北部では山地の向斜軸に浴い,ソンコイ川(紅河),ソンダー川(黒河),ソンチャイ川などの川が山間に深い峡谷をうがち,南東に流れて下流にトンキン・デルタを形成する。紅河という名はその運ぶ鉄分の多い泥土の色から名付けられた。…

※「ソンコイ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android