黒河(読み)こくが

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒河
こくか / ヘイホー

中国、黒竜江(こくりゅうこう)省北部にある地級市。愛輝(あいき)区と、嫩江(どんこう)など3県を管轄し、北安(ほくあん)など2県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。常住人口167万3898(2010)。黒竜江(アムール川)右岸にある流域最大の河港都市で、対岸にはロシア連邦のブラゴベシチェンスクがある。1992年国境経済開放地域に指定された。アイグン条約で知られるアイグンの北35キロメートルに位置し、1900年の義和団事件以来、日中戦争末期までに4回も兵火を受けたが、沿岸の豊富な農・林・水産物や砂金、石炭の交易や加工で復興した。対ロシア貿易の拠点として発展している。[浅井辰郎・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黒河の言及

【アムール[川]】より

…ロシア連邦,シベリア南東部と中国東北部との国境およびその付近を流れる川。満州語でサハリン・ウラSahalien‐ula,蒙古語でハラムレン,中国語で黒竜江あるいは黒河。北東アジア第1の長流で,全長は4440km,本流のみで2824km。…

※「黒河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒河の関連情報