コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソンディ Szondi, Leopold(Lipot)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソンディ
Szondi, Leopold(Lipot)

[生]1893.3.11. ニトラ
[没]1986.1.24. チューリヒ
オーストリア=ハンガリー帝国生れの精神分析医。主としてスイスで活躍した。ユダヤ人の靴屋の息子として生れ,ブダペスト大学に学ぶ。遺伝子研究に興味をもち,結婚相手の選択には劣性遺伝子が影響するという無意識の遺伝子学説を唱えた。 1939年,8枚1組の顔写真を選択させ,その結果によってパーソナリティを診断する「ソンディテスト」を発表。第2次世界大戦中は迫害を受け自宅で研究を続けるが,44年ベルゲン・ベルゼン収容所に強制収容された。戦後は「家族的無意識 (必然運命) 」の理論に基づく運命心理学を提唱し,58年国際運命心理学会を設立した。主著『実験衝動診断法,ソンディテスト』 Lehrbuch der Expellimentellen Triebdiagnostik (1947) ,『運命への挑戦-運命心理学論集』 Schicksalsanalytische Therapie (63) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソンディの関連キーワードソンディ・テストアジア競技大会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android