コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソークワクチン ソークワクチン Salk vaccine

翻訳|Salk vaccine

3件 の用語解説(ソークワクチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソークワクチン
ソークワクチン
Salk vaccine

急性灰白髄炎 (ポリオ) の予防に用いられるワクチンで,創始者 J.ソークの名をつけた。ポリオウイルスに感染させたサルの腎細胞の組織培養液をホルマリンで不活性化したもので,1回 1mlを3回筋肉内に注射すると,80~90%の予防効果を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ソーク‐ワクチン(Salk vaccine)

ポリオウイルスをホルマリンで不活性化したワクチン。筋肉内に注射して用いる。1955年、米国の細菌学者J=E=ソークが開発。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ソークワクチン【Salk vaccine】

ソークによって作られたホルマリン不活性化ポリオ-ワクチン。ポリオ-ウイルスに感染したサル腎細胞を培養した液をホルマリンで不活性化したもの。現在は、経口用の弱毒生ウイルス-ワクチンが用いられている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のソークワクチンの言及

【ソーク】より

…その後62年にサンディエゴにソーク生物学研究所を開設し,所長に就任した。1953年,ポリオに感染したサルの腎臓細胞の組織培養液をホルマリンで処理した,ポリオホルマリン不活性化ワクチン(これをソークワクチンという)を開発した。ソークワクチンは80~90%の予防効果を示す。…

※「ソークワクチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソークワクチンの関連キーワードソーシャルワークソーラークッカーブロークンコンソートサルスベリバスソークシークヮーサーソーダトニカクバスソークニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨーク・ニューヨーク・メンソール・ライトフィンランドバスソークポークソーセージ