コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソークワクチン Salk vaccine

翻訳|Salk vaccine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソークワクチン
Salk vaccine

急性灰白髄炎 (ポリオ) の予防に用いられるワクチンで,創始者 J.ソークの名をつけた。ポリオウイルスに感染させたサルの腎細胞の組織培養液をホルマリンで不活性化したもので,1回 1mlを3回筋肉内に注射すると,80~90%の予防効果を示す。ポリオウイルスワクチンにはこのほかセービンワクチンと呼ばれる弱毒生ウイルスワクチンがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ソーク‐ワクチン(Salk vaccine)

ポリオウイルスをホルマリンで不活性化したワクチン。筋肉内に注射して用いる。1955年、米国の細菌学者J=E=ソークが開発。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ソークワクチン【Salk vaccine】

ソークによって作られたホルマリン不活性化ポリオ-ワクチン。ポリオ-ウイルスに感染したサル腎細胞を培養した液をホルマリンで不活性化したもの。現在は、経口用の弱毒生ウイルス-ワクチンが用いられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のソークワクチンの言及

【ソーク】より

…その後62年にサンディエゴにソーク生物学研究所を開設し,所長に就任した。1953年,ポリオに感染したサルの腎臓細胞の組織培養液をホルマリンで処理した,ポリオホルマリン不活性化ワクチン(これをソークワクチンという)を開発した。ソークワクチンは80~90%の予防効果を示す。…

※「ソークワクチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソークワクチンの関連キーワードジョナス・エドワード ソーク急性灰白髄炎

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android