コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性灰白髄炎(読み)きゅうせいかいはくずいえん(英語表記)acute anterior poliomyelitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

急性灰白髄炎
きゅうせいかいはくずいえん
acute anterior poliomyelitis

脊髄性小児麻痺ポリオポリオウイルス (3つの型がある) による急性感染症で,主として保菌者の糞便中に排泄されたウイルスが経口感染する。伝染力が強く,家族が感染した場合,15歳以下の小児は 100%感染する。感染の様式には,不顕性感染軽症,非麻痺性,麻痺性の4型がある。 90~95%は不顕性感染か軽症であるが,麻痺性になると重大である。麻痺性ポリオでは,脊髄の灰白質に炎症を起し,その結果,種々の筋肉の不全麻痺や完全麻痺が起きる。予防には生ワクチン経口投与が行われ,90~100%に有効な免疫が得られる。日本では現在まったく発生していない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅうせい‐かいはくずいえん〔キフセイクワイハクズイエン〕【急性灰白髄炎】

感染症予防法の2類感染症の一。ポリオウイルスが経口的に感染し、中枢神経の主として脊髄(せきずい)灰白質をおかす病気。小児に多く、かぜに似た症状のあと、手足の麻痺(まひ)が生じる。日本では生ワクチンによる予防が行われ、現在ではまれ。ポリオ。脊髄性小児麻痺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうせいかいはくずいえん【急性灰白髄炎】

ポリオ-ウイルスによる感染症。多くは子供がかかる。経口的に感染。ウイルスは脊髄を侵し、手足の麻痺まひが起こる。現在ではワクチンの投与によりほとんどみられない。俗に小児麻痺という。ポリオ。ハイネ-メディン病。脊髄性小児麻痺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の急性灰白髄炎の言及

【ポリオ】より

…届出伝染病の一つで,急性灰白髄炎ともいい,かつては小児麻痺と称した。ポリオウイルスによる感染症で,下肢や上肢の永久的な麻痺を起こす疾患として恐れられた。…

※「急性灰白髄炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android