ソーラハウス(英語表記)solar house

翻訳|solar house

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソーラハウス
solar house

太陽熱利用技術と省エネルギー技術を取り入れた建物。1950年代から給湯用集熱器の開発が進み,家電メーカー,アルミ材メーカーにより商品化されたが,集熱器および配管などの耐久性に難があり,一時低調となった。しかし 1973年の石油危機以降,エネルギー問題の総合的見直しが行なわれるとともに太陽エネルギーの利用が再び脚光を浴び,日本ではサンシャイン計画の重要テーマとしてソーラハウスが選ばれ,多くの実験住宅が建てられた。住宅の南面の屋根や壁面に,アルミニウム製,ステンレス製などの集熱器を設置し,太陽エネルギーにより液体や気体の熱媒体を暖め,循環させて直接,間接に給湯や冷暖房を行なうが,冷暖房まで行なおうとすれば蓄熱槽,ボイラ,冷凍機などが必要となる。太陽熱は無尽蔵,無公害で優れたエネルギー源ではあるが,密度が希薄で天候,季節により差が大きく,化石燃料を利用する場合に比べて装置が大がかりになり,初期費用が割高になる。しかしエネルギー資源不足の見通しから代替エネルギーとしての太陽熱は欠かせないものである。(→太陽熱集熱器

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android