コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化石燃料 かせきねんりょうfossil fuel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化石燃料
かせきねんりょう
fossil fuel

石炭・石油天然ガスなど過去の植物や動物の遺骸が変化して生成した燃料。まきや木炭が現世の植物から得られる燃料であるのに対して,これらを化石燃料と呼んで区別したが,現在ではむしろウランに代表される核燃料に対する用語として使用される。オイルシェール,オイルサンドからの油の回収はまだ実用化されていないが,これらも化石燃料である。化石燃料から取り出されるエネルギーは過去の太陽エネルギーであるため,水力や太陽光などの自然エネルギー,あるいは原子核分裂を利用する核エネルギーに対して,化石エネルギーという語を使うこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かせき‐ねんりょう〔クワセキネンレウ〕【化石燃料】

地質時代を通じて動植物などが地中に堆積し、長い年月をかけて地圧地熱を受け、変成されてできた有機物。特に、石炭石油天然ガスなど、燃料として用いられるもののこと。メタンハイドレートの利用も期待されている。化石エネルギー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

化石燃料【かせきねんりょう】

石炭石油天然ガスオイルシェール,オイルサンドなどのエネルギー資源のこと。太陽エネルギーなどの自然エネルギーの場合には,廃棄物などによる環境汚染が生じない(クリーンエネルギー)が,化石燃料である石炭,石油,天然ガスなど有機化合物の燃焼によるエネルギーの場合には,酸化硫黄,酸化窒素,ススなどを出すという問題がある。
→関連項目IEA水素エネルギー炭素税燃料

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かせきねんりょう【化石燃料】

動植物などの遺骸が地質時代を通じて堆積物となり、地圧・地熱などにより変成してできた有機物。石炭・石油・天然ガスなど。化石エネルギー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

化石燃料の関連キーワードニトロ多環芳香族炭化水素エネルギー総合工学研究所民主党の脱地球温暖化戦略グリーンニューディールカーボン・ニュートラルソフトエネルギー・パスグリーンパラドックス多環芳香族炭化水素地球温暖化対策税バイオマス燃料二酸化炭素隔離炭酸ガスの循環代替エネルギー温室効果ガスグリーン水素脱CO2投資排煙脱硫装置シュース効果間接製鉄法スース効果

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

化石燃料の関連情報