コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無尽蔵 ムジンゾウ

3件 の用語解説(無尽蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むじん‐ぞう〔‐ザウ〕【無尽蔵】

[名・形動]
いくら取ってもなくならないこと。また、そのさま。「―な(の)太陽エネルギー」
広くて、尽きることのない徳を包含する蔵。すなわち、仏教のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むじんぞう【無尽蔵 wú jìn cáng】

仏教の教義では,尽きることのない広大な徳を包含するとの意味であるが,中国では一般には寺院に置かれた金融機関を指す。信者が寄進した金銭を積み立てて貸し出し,その利息を寺院の維持費等に充てるもので,南北朝時代から行われた。とくに唐代に長安にあった三階教の化度寺に置かれた無尽蔵院は有名である。後世では長生庫,解庫などとも呼ばれて,いっそう盛んになり,その収益は寺院の重要な財源であった。【竺沙 雅章】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むじんぞう【無尽蔵】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔蘇軾「前赤壁賦」〕
いくらとってもなくならないこと。限りがないこと。また、そのさま。 「アイデアは-にある」 「 -の資源」 「彼れの春の日は-に長閑のどかと見える/草枕 漱石

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無尽蔵の関連キーワード円頓教典四弘誓願愛想が尽きる空門説法尽き尽きせぬ弓折れ矢尽きる燃尽きる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無尽蔵の関連情報