コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソ連型社会主義 ソれんがたしゃかいしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソ連型社会主義
ソれんがたしゃかいしゅぎ

ソ連独特の硬直した,官僚的な社会主義の思想と体制。計画経済により日常必需品から重化学工業製品まですべてを国家が統制することになったため,農業国であったソ連は急速に工業化し,国家管理体制は,スターリン時代に「共産党が国を指導する」という形態が憲法化され,党官僚は絶大な権力を持って国を動かし,末端組織までを支配するようになった。このような体制が今日の深刻な経済停滞を生んだとして,ゴルバチョフ大統領はペレストロイカを打ち出したのである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソ連型社会主義の関連キーワードイオーシフ スターリンユーロコミュニズムラジカルエコロジー労働者自主管理社会主義法制チトー主義世界革命社会党

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソ連型社会主義の関連情報