コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソ連型社会主義 ソれんがたしゃかいしゅぎ

1件 の用語解説(ソ連型社会主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソ連型社会主義
ソれんがたしゃかいしゅぎ

ソ連独特の硬直した,官僚的な社会主義の思想と体制。計画経済により日常必需品から重化学工業製品まですべてを国家が統制することになったため,農業国であったソ連は急速に工業化し,国家管理体制は,スターリン時代に「共産党が国を指導する」という形態が憲法化され,党官僚は絶大な権力を持って国を動かし,末端組織までを支配するようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソ連型社会主義の関連キーワード講壇社会主義社会主義社会主義神髄ソ連官僚的社会主義革命フェビアン社会主義《社会主義の将来》《社会主義の諸前提と社会民主主義の任務》《自由な社会主義》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソ連型社会主義の関連情報