ゾルザ(読み)ぞるざ(英語表記)Victor Zorza

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゾルザ
ぞるざ
Victor Zorza
(1925―1996)

イギリス在住の旧共産圏問題評論家。ポーランドに生まれたが、第二次世界大戦中イギリスに渡った。戦後『ガーディアン』紙などに寄稿を始め、旧ソ連、東欧などの問題を論じて名を知られた。練達した語学を駆使して共産圏のおびただしい新聞、雑誌を分析し、新しい動きをつかみ出す手腕に定評があった。中ソ対立の存在をいち早く指摘したり、ソ連のチェコスロバキアへの武力介入を予言したことは有名である。[木村明生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android