コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾロ薬品 ゾロやくひん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾロ薬品
ゾロやくひん

新薬を開発するには 10年以上の期間を必要とし,50億~100億円という膨大な費用が見込まれる。そのため,ひとつの新薬が市販されてその特許が切れたあと,開発会社以外の会社がその薬剤と同種,同効果の薬を製造販売する例が非常に多くみられる。ある商品が出ると,それと同一のものがゾロゾロと出てくることからゾロ薬品と名づけられている。同一商品が 30~40社から市販されることは珍しくない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone